なんか公開してたと思ってた記事が公開されてませんでした
だからなんか2月に公開しちゃって文がおかしなことになってるけどまぁいいや
以下本文



あけましておめでとうございます。

2014年が終わる前にプラズマ式レールガンをやってみました。  
プラズマ式つっても今回は尾栓なしでやってみました。

本体はこんなん

CIMG0559

コインれるがんを口径が3x3mmになるように改造しただけです
オーグメントはありで2mmPEW3回巻を両面。

プロジェクタイルはアクリルを3x3mmに切った米粒みたいなやつ
プロジェクタイルはかなりスルスル動きます。気密性はほぼ無いんじゃないかってくらい。
逆に気密性高めようとしてキツキツになったら加速しにくいですからね。

CIMG0560

プロジェクタイルの後ろに見えるのが銅のプラズマ源。
電線から中の線をを1本だけ抜き取ったもの。


で、1発目
撃てるかの確認だけなので、特に弾速計とか置いてません。
一応アルミ缶は2個置いておきました。
入力1kJ・サイリスタ。

CIMG0565

少し進みましたが、発射ならず。

通電した瞬間プラズマが後ろに飛んできて、圧着端子とレールの間でショート、ほとんどココでエネルギーを消費してしまって、まともに加速できなかったようです。

CIMG0568




気を取り直して2発目
入力は1.5kJに上げてみました。



2つとも貫通しました。
やっぱりオーグメントが効いてるのかな?
ホントにプロジェクタイルスルスルなんでプラズマをしっかり受け止めてるのか謎だけどとりあえず撃てた

CIMG0570

放電痕はすごく綺麗。
真ん中辺りにプロジェクタイルを置いたのでそこから始まってますね。
先端あたりで痕がちょうど終わってきてるので、レール長はちょうどいいのかもしれません。

アップ写真

CIMG0572

というわけで、尾栓なしプラズマ式でも撃てました。
ただ今回のものは、元々ソリッド用のレールガンなだけあって、あんまり性能は出ないと思います。




ハイブリットオーグメントとかやってました。
オーグメントコイルとレールの電源を分離してみるってやつ
今回はレール+オーグメントと、もう片面のオーグメントに分けてみました。
線が4本出てるでしょ?

CIMG0573

いろいろ試したけど結果から言うと効率1.5%くらいが最大
うーん...あんまりでしたね。
とりあえずハイブリットオーグメントの基本的なデータを取っていきたいと思います。
レールとコイルの通電タイミングをずらすのとか面白そう。
(尚、2月現在これ以上何も出していない)


では。