ぽんず製造所

当ブログの記事を参考にして行った事により、いかなる不都合が発生としても当方は一切の責任を負いません。全て各自の自己責任でお願いします。

コイルガン

回生型コイルガン-グリップ部制作とマガジン試作

グリップ部を作っていきます。

アルミ板を切り出しました。
DSC_3062

トリガ用のアクリル部品も作っていきます。削るのめんどくさすぎやろ
DSC_3063

その他アクリルとかも切り出してトリガ用のスイッチとか用意して
DSC_3064

完成です(適当)

なんとなくトリガが光ります。
使ったスイッチの押し心地が好きすぎてトリガに直接使ってしまったのでほとんどストロークがないです。
角を丸くしたおかげで持ち心地は悪くないです。



次にマガジンを試作してみました。試作ってことでやすりがけもしてないです。基本構造は先駆者様のパクリです。

今回初めてアクリル接着剤というものを使ってみたのですが、思ってたより頑丈に接着できて良いですね。
バネは0.9mmのピアノ線をペンチで曲げて作りましたがちょっと強すぎかもしれません。
基本的には動作OKという感じでしたが色々な改良点が見つかりました。まぁそのための試作なので良いんだけど。

回生型コイルガン-サブ基板

操作ボタンとディスプレイを載せたサブ基板作りました。

DSC_3028

ディスプレイには白のOLEDを使ってみました。
またこの基板にはトリガボタンや弾丸検出センサも接続する予定です。
メイン基板とサブ基板はUARTでデータをやり取りします。

コンデンサに貯められた電圧とエネルギーを表示してみました。

この表示は気に入ってる(けどテストだから後々変える)


ソフトウェアの方も少しずつ進めています。
今まで通電時間は定数で指定していましたが、変数で設定できるようにしたり、コイルの端から端への移動時間を測れるようにしました。

で、うまく測れるか試すために試射をしてみましたが、どうもセンサがスイッチングノイズの影響を受けて誤作動してしまうようで、正常に動作してくれませんでした。
そんなワケで、試しにマイコンの入力ピンにRCフィルタをくっつけてまた撃ってみたんですよ、

そしたら
DSC_3035

おわかりでしょうか?
なんと跳弾した弾がちょうどバスとMOSFETのドレインに当たってショートしたんです...
そのMOSFETはONになっていたのでMOSFETには過電流が流れるわけで、当然素子死亡...巻き添えでゲートドライバも死亡しました...
誰かが跳弾でモニター割ってましたしちゃんと安全確保しないとだめですね

基板を修理しましてリトライすると正常に測定することができました。

DSC_3036

一番最初の0はエラー番号(何かエラーが発生した場合0以外の数字になる)で、その後ろの数値が測定値で、1段目の最初から1段目の終わりまでかかった時間、2段目、3段目といった具合で表示しています。
数値が小さいほどかかった時間は短い、つまり弾速が速いということになります。
画像の数値では段が上がっていくほど値が小さくなっているので、どんどん加速されてることがわかります。

そろそろコイルガンのフレーム作らないといけないけどどうも気が乗らないんだよなぁ...

回生型コイルガン-試し撃ち

3Dプリンタでコンデンサホルダーとなる部品を印刷しました。
DSC_2970

適当にアルミアングルでフレーム作って組み立ててみました。
DSC_2998

いい感じですが思ったより重かったです...

さて基板もコイルも完成したので動作試験をしてみました。
まずは単段で。
水色:ローサイドMOSFETゲート電圧
黄色:ローサイドMOSFETドレイン電流
RIGOL Print Screen2018-08-03 18_29_54.407

電流は20Aくらいです。とてもいい感じです。試作回路での試験では電流の立ち上がりが鈍ってたのに対し、今回は直線的です。加速コイルのR成分をできるだけ低くした甲斐がありました。

多段で動かしてみました。最初のパルスが1段目、次が2段目、その次が3段目といった感じです。
今回の回路では通電時間のみならず、電流量も自在に変えられるので、画像のように各段異なる電流で動作させることができます。
ちなみにこれは初段では低電流でゆっくり加速、最終段では弾が速く加速時間が稼げないので電流をたくさん流して一気に加速...なんてことができたらいいなーーと思って適当に設定したパラメータです。
RIGOL Print Screen2018-08-03 22_06_13.035

こんな感じに動作中に電流量を変える事もできます。
RIGOL Print Screen2018-08-04 2_44_16.919

紫はコンデンサ電圧です。"回生"なのにあんまり回生って感じはしないですね...
(水色は3段目MOSFETゲート(あんまり関係ない))

コンデンサ電圧が低いと回生してるのが見えてきます。
RIGOL Print Screen2018-08-03 23_28_25.424

今度は実際に撃ってみました。


動画のような感じです。
適当に設定したパラメータの割にはいきなり効率10%超えという結果を出してくれました。
実はこのコイルガンは自動で最適な通電時間を設定する学習型を前提に作ってあり、後々そのプログラムを実装したいと思います。これがうまくいったらどのくらい効率が上がるのか楽しみです。

回生型コイルガン-加速コイル部の制作

"コイル"ガンという名前がつくほど重要なコイルを巻いていきます。

まずは巻く部分となるボビンを作ります。アクリルを切り出したり穴を開けたりして部品を作っていきます。
DSC_2952

巻線には0.65mmのPEWを使おうと思います。
よくあるコイルガンでは、コイルの電流がスイッチング素子の定格に収まるように、巻線を細くして抵抗を稼いで電流が流れすぎないようにしています。しかし、今回のコイルガンではスイッチングにより電流量を制御をするので、コイルの抵抗はどうでもよく、むしろ抵抗はただの損失にしかならない上に電流の立ち上がりも遅くなってしまいます。
そんなわけで抵抗値を小さくするために太い線を巻きたい......しかし巻き数を稼ぎたいので細いほうが良い...ってのを繰り返して結局0.65mmになりました。宣伝ですが自分のHPの計算ツールで設計しました。
DSC_2956

はい巻きました。
なんかサラッと書いてますがこれめっちゃ時間かかってます。巻いてる最中ずっと銅線あたってたところの皮が切れて痛かったです。
DSC_2967

約400gあります。めっちゃ重い。
きれいに巻いたつもりですがコイルの両端の部分が汚くなってしまいました。コイルの巻き始めの部分が原因のようで、ボビンを工夫したら解決できそうな感じでした。今度巻くときの教訓にしておきます。
コイルの抵抗値は設計通り約2Ωほどに収まってくれました。

ここでセンサ基板を作りました。フォトリフレクタ式のセンサです。
パイプの片側にLED、もう片側にセンサのようにものが多いですが、このほうが楽に作れるのではないかと思います。
DSC_2946

センサ基板とコイルを合体して加速コイル部は完成です。
DSC_2969

回生型コイルガン-メイン基板②

昇圧チョッパが動かないということで萎えて2ヶ月くらい何もせずに放置していました。
でいい加減やるか~~ということでいじってたんですがやっぱりうまく動かないわけ
もうこれダメだわ~ってな結局昇圧チョッパ再設計して大改造しました。
DSC_2760

ちゃんと動きました。
RIGOL Print Screen2018-07-07 21_01_01.522

次に加速コイルスイッチング用の素子を生やしましてメイン基板はほぼ完成といったところです。
3段式なので素子が4つあります。
DSC_2781

あとは必要に応じてコネクタやらLEDやら付ける予定です。
5000兆円欲しい!
Twitter
Twitterに大体います