ぽんず製造所

当ブログの記事を参考にして行った事により、いかなる不都合が発生としても当方は一切の責任を負いません。全て各自の自己責任でお願いします。

日記

ネタがない

最近は特に何もしてないです。書くネタもないので、今年咲いた秋月の彼岸花でも貼っておきます。去年買って植えたら咲いて今年も咲いたので2回目ですね。

9/12 気づいたら芽が出てました
DSC_0034

9/13 茎が伸びてる
DSC_0036

同日夜 朝と比べても伸びてきています
DSC_0043

9/14
DSC_0044

9/15 伸びるのが早いです
DSC_0048

9/16
DSC_0052

9/18 KKTと違って皮が剥けました。スルムケ! 身内ネタ失礼致しました
DSC_0071

9/19
DSC_0095
DSC_0097

9/20 そろそろ出そう
DSC_0106
DSC_0107

9/21 咲きました!
DSC_0112

9/22 それなりに咲いてきました
DSC_0121

9/24 満開です!
DSC_0135

9/28 数日後には枯れてしまいました。かなC
DSC_0143

9/29
DSC_0149

10/2 あーあ
DSC_0163

10/11 久しぶりに覗いてみると花の茎の根元からちっちゃい葉っぱがワサワサ出てきてました。かわいい。茎はまだなんか残ってます...
DSC_0208
DSC_0209


現在は茎の部分は消滅してめっちゃ葉っぱが大きくなっています。
今年もきれいな彼岸花でした。



話変わりまして某高専の文化祭に行ってきました。

Xe氏作 電気自動車...?
誘導電動機とインバータとバッテリをゴーカートに積んだそうです。試乗させてもらいましたが結構スピード出ます。3人乗っても大丈夫です。写真に写ってるのはXe氏とたまごさんです。これを3日で作ったって言うからヤバイ
DSC_0414


Xe氏作 電車...?
誘導電動機とインバータとバッテリをフレームに積んだそうです。試乗させてもらいましたが結構スピード出ます。
DSC_0417


タマゴさん作 DRSSTC
おっきいです。なんだかんだでこのサイズの稲妻を生で見るのは初めてなので興奮しました。
キーボードが用意されており誰でもテスラで演奏できるようになってました。
DSC_0410
Point Blur_20171104_142037

弾いてるのは作者本人です。テスラ作れてピアノ弾けてこの人つよい。回路構成もなかなかキチガイでなんで素子が潰れないであんなにもよく放電するのか不思議です。


ここは特等席ですね!手を伸ばせばもう放電に当たりそうな場所です。
たまごさんによる生演奏です。



ジャパリまん
焼きごて作者はセンスないさん。なんと手動フライスでこの曲線を出したらしい。頭おかしい。
DSC_0420


Xe氏作 VVVFインバータ
不調だった模様で動いていませんでした...写真撮り忘れました。

代わりと言ってはなんですが、自分もなんとなくVVVFインバータ持ってったらなんか飛び入り展示してしまいました。
DSC_0431

ぶん回してんのはできたてほやほやバーサライタです。テープではっつけてるのでいつぶっ飛んでいってもおかしくないです(危ない)
DSC_0435


そういえば加減速ボタンを作りまして適当に回して遊べるようにしました。プログラムにはとりあえずいろんなVVVFパターン入れておきました



文化祭非常に楽しかったです

小ネタ

大したことではないんですがNT京都前後になんか色々作ってたので書きます

NTに向けて、ふぐ氏(Twitter:@METALGEAR_TTX)開発のSEMICOと自分のMIDIインタラプタをくっつけました。
SEMICOはSDカード内のMIDIファイルを読み込んでMIDI信号を出せるやつ。これを使えばテスラコイルで演奏するためにわざわざPCを用意しないでも大丈夫!PCを壊す心配がない!というめちゃくちゃ便利なもの。もちろんテスラコイル以外でも自作物MIDI演奏系のものにも使えます。尚NTではテスラコイル自体がうまく行かなかった模様。

 



次、
やったぜ
新品なのになんか1000円以下で入手できてとてもうれしいです。
まだ回してない いつか回したい

DSC_1314



次、
降圧チョッパなDC-DCコンバータ作りました。
いつも使ってる24V電源から電圧を下げるために作ってみました。
両面"ノン"スルーホール基板を使って両面に部品を実装しました。

DSC_1480
DSC_1482

コイルに10A以上流すこともあるのでダイオードの損失(発熱)が馬鹿にできないということで、同期整流を使ってみました。
上の図はよくある降圧チョッパの回路ですが、ダイオードをMOSFETに置き換えてハーフブリッジの形にしました。損失はダイオードの時はVf*Iですが、MOSFETの時はI^2*Ronなのでそれなりに低損失にできます。ハーフブリッジにすると、「メイン素子がハイサイドにあるのでPchを使いたいが性能が悪い!しかしNchはドライブしにくい!」と言う問題もハーフブリッジドライバを使って解決でき一石二鳥です。

無題

ただ、MOSFETの駆動信号を作るのが大変でした。コイル電流が0Aに戻ってきた時、ローサイドMOSFETをOFFにしないと出力から逆流してしまいます。そこで、コイル電流を検出してCLCでPWM信号と合成したりなんかいろいろやって生成しています(意味不明)

黄色がハイサイドMOSFETのゲート波形
水色がローサイドMOSFETのゲート波形
紫色がコイル電流波形
コイル電流が0A付近になった時ローサイドがOFFしてるやろ?

960

これ出力の平滑コンだけど本当に頭悪そう。300uFくらいあるらしい。

DSC_1484

んでまぁCVCCのソフト組んで動かしてみたけど、使えないこともないけどフィードバックと計算が間に合ってないのか変な動作したりして実用にはなりませんでした。結構頑張って作ったのにな~見た目とかは結構気に入ってるのにな~てかこれ作って満足したやつ。素直に専用ICを使わないからこんなことになるんです。


次、
メモだけどTLP152の遅延時間を測定しました。TLP152はちょっといい感じのゲートドライバ付きのフォトカプラです。
水色が入力LED、黄色はTLP152に適当なMOSFETをつなげたゲート波形です。速度は画像のとおりです。

C8Ftk_LVYAEK-w_
C8FtlYVVMAEqNt1

If=10mA
Vcc=12V
遅延時間は100nsくらいですね。ちょうどデータシートの標準値くらいです。



次、
MIDIインタラプタのパルス幅をベロシティで可変できるようにした延長として、エクスプレッションでもパルス幅を可変できるようにしました。



自分のソフトの書き方が下手くそなんでしょうけどもうマイコンのメモリが足りてません。ハード的にも、当初の予定ではパルス幅は別ICで可変する予定だったのに改造してゴリ押しててそろそろ限界です。 


それでは今日はこの辺(へん)で。

NT京都2017に行ってきました

今年もNT京都に行ってまいりました。
NT京都関係者、来場者の方々、ありがとうございました。

いつもは鈍行で京都まで行ってましたが、今年は新幹線でワープしたのでめっちゃ楽でした。新幹線スッゲェ速いななにあれ
京都についたらちょっと設営をして、その後日本橋に行ってきました

聖地巡礼
DSC_1332

通天閣が近くにあった
DSC_1351

会場に戻り寝ようとしましたがNT前日深夜テンションでなんか出展物間に合ってない人のお手伝いとかしてしまいました。おかげで寝不足です。(楽しい)

自分はいつものレールガンと、でっち上げテスラコイルを出展しました。
C7RoVyhV0AEb1sQ
撮影は来場者の方 画像提供ありがとうございます

レールガンの動画

レールガンは去年と同じものです。

テスラコイルは写真を撮り忘れてしまったので上の写真を見てください。
回路も二次コイルも既に出来てるのでササっと作ろうと甘く見ていましたが、基板を作り直したりDIY的な部分に時間を取られて結局完璧には完成しませんでした。
未調整の不安定な状態なので低出力で放電させてましたが、そのうち我慢できなくなってフル出力させました。調子乗って演奏とかさせてたら燃えました(池沼)。
今年はテスラコイルの出展が多いようでした。レールガンの動画の後ろをみてもらうと何本もテスラコイルが立ってますね。暗室にも何台もテスラコイルがありましたが、忙しかったので暗室どころか室内の展示は見れませんでした。ちょっと残念

あと会場はフレンズが多かったです。

DSC_1360

サーバルちゃん見にきてくれました!うれしーーー!!!
C7QAMsbU4AAq1IF
撮影は来場者の方 画像提供ありがとうございます

「の」のシールとユニサーバル基板ときばんちゃん
DSC_1472



NT終了後、もう回路燃えてもなんでもいいのでテスラを適当に修理して出展者勢と炎色反応させたり感熱紙に放電させて遊んでました。
無題

感熱紙 QCWの放電を当てました。
IMG_4781
DSC_1363

翌日はR氏とR氏の友人と京都観光をしました。
DSC_1413

DSC_1453

楽しかったです。

冬休み

あけましておめでとうございます。
冬休みに入って少し時間が出来ましたので色々なことをやっていました。

まず前の記事で紹介したとおりテスラコイルを放電させて遊んでいました。
この当時はSSTCでしたが、Twitterにて触発されてDRSSTC化させてみました。

C0_M4dlVIAArS0m

???
共振は合わせてないです(合わせる気がないです(めんどくさかった)) 
SSTCより放電が大きくなってるのでよしとします。配線も構造もDRSSTC用ではないのでこれ以上やる気はないです。

あとテスラで作った呪いの紙ね

DSC_0643

放電を感熱紙に当ててみただけでした。



自動で弾を装填する奴を作り直しました。構造が以前のと変更されてますがそんなに変わりはありません。
可動する芯に磁石を用いて電磁石1つで前後に動かすことができるようになりました。

DSC_0585


可動部分がマガジン部分まで届くように腕を設置しました。基板を使ったのは、厚さがちょうどよくて、強度、耐熱性もレールガンに耐えられそうだということからです。
この腕が弾を押し出してレールガン内にセットさせる感じです

DSC_0593

さらに簡易的にマガジンを作って実験をしました。



たまたまうまくいったところを撮ってますが9割弾が詰まります。
精度を良くするか構造を見直すか検討中です。



アクリルを曲げが意外と簡単にできるというのを聞いて実験してみました。
装置はその辺の電源と抵抗でやってみます。抵抗を加熱してその熱でアクリルを柔らかくします。

DSC_0594
DSC_0598

できました。

DSC_0600

楽しかったです。以上です。 

間に合わせ記事

文化祭がありSSTCを展示させてもらいました

Point Blur_20161031_003400
DSC_0465
マシュマロを焼いてる(たまに燃える)

1年ぶりくらいに動かそうとしたら二次コイル切れてたんだよ(ブチギレ)半田で無理やり付け直しました
ケースはMDF材からアクリルで作り直してみました。回路は特には変更点はありません。かなり放電させてたのにどこも壊れなかったので良かったと思っています。
また、今回MIDIインタラプタをちょっと改良したので放電動画また今度上げますたぶん
記事書きました:ドラム風に放電できるインタラプタ
以上 
5000兆円欲しい!
Twitter
Twitterに大体います