ぽんず製造所

当ブログの記事を参考にして行った事により、いかなる不都合が発生としても当方は一切の責任を負いません。全て各自の自己責任でお願いします。

自動装填装置

冬休み

あけましておめでとうございます。
冬休みに入って少し時間が出来ましたので色々なことをやっていました。

まず前の記事で紹介したとおりテスラコイルを放電させて遊んでいました。
この当時はSSTCでしたが、Twitterにて触発されてDRSSTC化させてみました。

C0_M4dlVIAArS0m

???
共振は合わせてないです(合わせる気がないです(めんどくさかった)) 
SSTCより放電が大きくなってるのでよしとします。配線も構造もDRSSTC用ではないのでこれ以上やる気はないです。

あとテスラで作った呪いの紙ね

DSC_0643

放電を感熱紙に当ててみただけでした。



自動で弾を装填する奴を作り直しました。構造が以前のと変更されてますがそんなに変わりはありません。
可動する芯に磁石を用いて電磁石1つで前後に動かすことができるようになりました。

DSC_0585


可動部分がマガジン部分まで届くように腕を設置しました。基板を使ったのは、厚さがちょうどよくて、強度、耐熱性もレールガンに耐えられそうだということからです。
この腕が弾を押し出してレールガン内にセットさせる感じです

DSC_0593

さらに簡易的にマガジンを作って実験をしました。



たまたまうまくいったところを撮ってますが9割弾が詰まります。
精度を良くするか構造を見直すか検討中です。



アクリルを曲げが意外と簡単にできるというのを聞いて実験してみました。
装置はその辺の電源と抵抗でやってみます。抵抗を加熱してその熱でアクリルを柔らかくします。

DSC_0594
DSC_0598

できました。

DSC_0600

楽しかったです。以上です。 

自動で弾を装填する奴②

Q. お父さんだと2度も会うのにお母さんだと一度も会わないのはなぁんだ_?

A. クチビル^^

自動で弾を装填する奴ですが新しい方式を思いついたので試作してみました。

こんなやつです。

Cm7gxqEUkAAOvBG

構造は図のようになっています。 

1

コイルに電流を流して磁力を発生さると、磁石部分(可動部)がコイルに引き寄せられます。
磁石は真ん中で極が反転しており、コイルで発生させる磁場の向きを変える(電流を逆にする)ことで、左右どちらの方向にも動かすことが出来ます。
リニアモーターっぽい感じか?


磁石部
某100均磁石が入っている

Cm7g17nVUAEX-io

コイル部

Cm7g0W9VYAALZDN
Cm7gy3RVYAA72Pj

コイルの見た目気に入っている。でもちょっと巻きすぎた感


動かしてみる



うまく動いてくれてます。(左右の何かは抑え)

しかし推進力(?)がちょっと弱め。これでは弾をうまく挿入できない可能性があります。
コイルの芯を鉄心にすればもうちょっと強かったかもしれません。
磁石を追加すれば十分な威力になったもののサイズオーバーしてしまいます。というかなにもしないでも既にサイズオーバー気味です。

というわけでこいつは没。
見た目とこのカシュカシュ動く感じは気に入ってるんだけどなぁ....

自動で弾を装填する奴

携行型レールガンですが、一旦設計図を白紙にして1から設計しなおしました。
満足できる形になりましたが今まで作ってた部分(例えばディスプレイ部とかチョッパとか) を改造や作りなおしなどをしないといけなくなりました。まぁそんなにそれほどでもないです。


先日は弾を自動で挿入する部分を実験用に作りました。(本番用じゃないです)
実験用なので雑だけど別にいいよね



見てもらえばわかりますがコイルガン等でよくあるソレノイドで押す方式のものです。 
今回作ったものは2つのコイルがついていて前後両方に動かせます。
うまく動いているようですのであとはちゃんと設計してちゃんと作ればいいですね

あとは色々実験してたのですが、レールガンの弾の挿入結構むつかしいかもしれないです。
トルクが足りなくて弾を押し出せなかったり、弾を1つずつ取り出せなかったりなど問題点山積みです。
トルクが足りない問題は手動挿入も可能なようにして対処すると思います。 その他はマガジンの構造等を工夫して解決したいと思います。
5000兆円欲しい!
Twitter
Twitterに大体います