ぽんず製造所

御アクセスありがとうございます。当ブログの閲覧にあたりましては「当ブログについて」の内容に同意したものとします。

NPC型3レベルインバータを作った

3レベルインバータは、NPC型、T-NPC型、フライングキャパシタ...などいくつか方式があります。以前制作した3レベルインバータはT-NPC型でしたが、T-NPC型よりもNPC型のほうが一般的のようです。ということで、今回はNPC型3レベルインバータを制作してみました。

NPC-TNPC

今回はプリント基板を発注することにしました。
その前にユニ基で1相分試作してみました。こいつを以前制作したTNPCインバータに取り付け、問題点などを洗い出しました。NPCとT-NPCが混在するヘンテコインバータ.....

DSC_4036

動作確認ができたら、本番の回路・基板を設計をします。
印刷して部品の大きさなどを確認をしたり、Twitterに投稿してフォロワーにミスを見つけさせたりして熟成させていきます。

20190923_125839147

FusionPCBさんに発注しました。

DSC00839

基板は1枚あたり1相分となっており、3枚使って三相です。プリント基板は5枚とか10枚単位での注文になるので、こういう構成にすると無駄基板が少なくなるかも(?)というか10x10cm以内に三相分入らないんですわ。
ACS712系が載る電流センサ基板も一緒に製造しましたが今はまだ使いません。

それぞれの基板がどの相かは基板裏にあるジャンパで設定します。

DSC00841

少しずつ部品を載せて慎重に動作確認をしていきます。

DSC00797
DSC00802

そして完成したのがこちらです。


DSC00834

キー一緒にぶん回してるの気づかなかった。Twitterに上げて言われて気づいた。

NPC型では各素子で電圧を分け合えるため、600V素子を使用しながらも400V級インバータとすることができました。2レベルで作ろうとすると1200V級素子が必要になります。
電源の関係で580V(±290V)までしか試せてないけど1000V入力くらいまではいけそう。しらんけど。
ちなみに中間電位は単純にコンデンサ分圧で生成しています。

基板一枚ずつだとこんな感じ。

DSC00846

各基板はバスバーと長いピンヘッダで接続されます。バスバーがパワー入力、ピンヘッダが制御信号&電源入力です。バスバーの横にあるのが出力です。ネジ端子がお気に入りポイント。

DSC00844

信号線の本数を少なくしたかったので、ゲート信号を直接送るのではなく、「出力したい状態」の信号を送るという工夫をしています。
インバータの出力はプラス、マイナス、中性点、それからハイインピーダンス(全素子OFF)の4状態が出せれば良いので、信号線は1相あたり2本で済み、3相分+電源で8本です。

DSC00842

2本の線で送られた信号は、基板裏のマイコン(PIC16F18426)に入力され、相の設定、入力保護・動作状態の決定、相補出力生成、デッドタイム生成を行い、各素子のゲート信号を生成します。
以前のT-NPCのときにも同じようなことをやっていましたが、NPC型になったためマイコンのお仕事がすこし増えています。
NPC型では、例えば出力をプラスからマイナスに変えたいとき、プラス→中性点→マイナスのように必ず中性状態を挟まなければいけません。突然変えると1つの素子に全電圧がかかる時間が発生して壊れてしまいます。
そこで、PICのペリフェラルであるCWGとCLCを駆使してマズい状態遷移時には中性を挟むように工夫してみました。同時にデッドタイムの生成とかもしてます。
これができると2レベルインバータ向けに作られたパターンも入力できたりします。下の画像は中性状態が自動挿入された出力波形。

DS1Z_QuickPrint119





あとは開発メモ的な。


・誤作動する
最初、徐々に入力電圧を上げていくと150Vくらいから誤作動しまくることが判明しました。
どうやら素子のターンオン・オフが速すぎてdv/dtがエグくてノイズが発生、結果的に制御マイコンが誤作動していたようです。
ゲート抵抗調整してdv/dtが大きくなりすぎない程度にしたら、最初10Ωだったのが100Ωになってしまいました。デッドタイムを多めに取るハメになったしスイッチング損失がヤバそう...キャリア100kHzとかでスイッチングしたかったのに悲しい。
さらに、マイコンの信号入力あたりのノイズが酷かったのでコンデンサを外付けして無理やり安定させました。写真はそのコンデンサ(VA, VB端子付近)と付け替えまくったゲート抵抗。

DSC00845

パワー側と制御側は絶縁電源&フォトカプラで完全に絶縁されてるのにノイズが回ってくるということは、おそらく絶縁電源の中のトランスの寄生容量で絶縁電源が絶縁電源になってない(意味不明)になってるからだと予想してます。今度作るときはそのへんのことも考えないといけないですね。



・各素子が電圧を分け合わない
NPC型の利点である「素子の耐圧よりも入力電圧を大きくできる」というのは、各素子が電圧を分け合うことで実現しています。つまり綺麗に分け合っていなければマズいわけです。
上から、Q1, Q2, Q3, Q4のD-S間に掛かる電圧波形です(画像では3パルスモード出力中)。制御は問題ないはずなのに、Q3、Q4の電圧が偏ってしまっています。

DS1Z_QuickPrint114

素子の寄生容量や漏れ電流の影響で偏りが発生していると予想したので、下図のように抵抗を入れてみました。

R
DSC00814

この状態で実験を行ったところ、今度は綺麗に電圧を分け合ってくれました。

DS1Z_QuickPrint115

実は設計中から薄々気づいてた問題で、シミュレータ上でも確認してたんですが、まぁ今回各素子にTVSダイオード入れるから別に抵抗無くてもよくね?ってことでいれませんでした。実際TVSでなんとかなってるのであとで抵抗は外しました。(よく見ると電圧の偏りが発生してる途中で平坦になるところがありますが、それがTVSのおかげです)


ってな感じで諸々の問題もありましたが順調に動くようになりました。基板自体のミスもある気がしますが発注し直すほどでもないかな...。

11月分

新しく3レベルインバータを作ってるのですがまだ完成してません
完成したら詳しく書こうと思います

DSC_4108



あとは11月はなにもしてません

うそです ほんとは学校の方で作ってるものがあるのですが、学校のものなので現状ブログに載せられません

台風対策で正弦波インバータをでっちあげた

先月の台風15号では停電が発生して大変なことになっていましたね。そして今度はそれをさらに上回る勢力の台風19号が来るということで、ちょっとだけ停電対策をしてみました。

とりあえず何かしらの電源が生きてればいいと思ったので、奥に放置されていた12Vの鉛蓄電池を引っ張り出してきました。
DSC00771

何年か使ってなかったんでほぼ使えないかもしれないなーと思いつつ電圧を測ってみると、予想を上回る0.2Vで完全にお亡くなりになっておりました。
まぁムリやろと思いながら、ダメ元で150Vとか無理やり掛けたりしてたら、中でバチバチ言いながらだんだん復活してきました。
DSC00776

結果、容量は定格の1/4程度とはいえ十分使えるレベルまで復活しました。10Aとか流してもOKです。
もう希望のないバッテリーだったんで雑に扱ってたまたま復活してラッキーって感じだったんですが、多分相当ヤバそうだし絶対に真似しないでください。


とりあえず12Vは用意できたのでスマホ充電とライトくらいは使えるようになりました。
そうそう、ライトは昔作った100WLEDライトを持ってきて、バッテリーと電源装置をダイオードを介して並列ににすることで無停電ライトとしました。停電して足元見えなくなって部品踏むと痛いからね。ついでにライトにアルミアングル取っ付けてモーターで押さえつけてスタンドにしました(雑)。
DSC00761
こいつは瞬断した時に一瞬だけ活きました。

この時点で台風接近まで半日くらいありましたので、電源の汎用性を持たせるため、正弦波インバータを作ることにしました。家庭内の電力をすべてまかなえるわけではないですから気休め程度のものです。

通常のDC-ACインバータは、バッテリーの12VからDC-DCにより150V程度に昇圧したあとインバータ+フィルタで100Vrmsの正弦波を出力します。昇圧に高周波トランスを用いるので小型・軽量化できるんです。
しかし今回はそんなの設計してるヒマもなく、部品は家にあるもので、時短のためなるべく簡単に制作できるように設計しました。
容量大きめの50/60Hzトランスがちょうど余ってたんで、12Vをそのままインバータに通し8.5Vrms・50Hzの正弦波にし、トランスに入力して100Vを出力するというものが完成しました。
キャプチャ
DSC00759

インバータ部はPIC16F1778でPWM信号を生成し、適当なドライバと適当なMOSFETで組んだフルブリを動かしています。
フルブリからの出力はLCフィルタを通してトランスに入力されます。

最終的な出力波形。思ってたより綺麗でした。
DS1Z_QuickPrint107

負荷として50Wのハンダゴテをつなげてみたところ、85Vrmsにまで低下してしまいました。このときのバッテリー端子電圧は10.3Vくらいだったと思う。死んでたバッテリーだしこんなもんよね。


結果として停電は免れ、インバータを使うことはありませんでした。しかしすぐ隣の地区では数時間停電してたようで、自分の地区でも停電してもおかしくなかったようです。備えあれば憂いなしですね。

赤外線LEDキューブを作った

タイトルの通りです
LEDキューブは見て楽しむインテリアみたいなものだけど、目に見えない赤外線で作ったら面白くね?って感じで作りました。ネタ工作です。

DSC00676

動画も作ったので見てください。ブログで書きそうなことはだいたい動画にまとめてあります。



超適当に作ったやつなのになんかニコニコで伸びてて嬉しいです。

動画に回路図入れてたけどよく見えなそうだからここについでに載っけとくね
パワー厨だからすーーーぐDCDCとかつかっちゃう

IR_LEDCube

コメントで面白かったのは、カメラで見ないと見えない系電光掲示板・心霊系ですかねぇ電光掲示板くらいは暇があったら作ってみようかな




そう!これは愚痴なんだけど、続きを読む

多段式LG試作1

いろいろな事情から、少しの間隠語としてLGを使います(Lはコイル、Gはガン的な)。

次期LGは、なめらかな加速・速度の調整ができるような感じのものを作りたいと思います。
それに先立って、回路・コイルの構造の検討、制御方法の検討のため、回路とコイルの試作をしてみました。
PICT_20190809_154641
PICT_20190809_154821

一応6段式ということになっています。
回路は2系統あって、1・3・5段目と2・4・6段目を駆動するようになってます。フル回生型で定電流制御付きです。


センサも色々試してます。色々実験するという性質上、確実に反応するようにインタラプト方式にしました。
DSC_3952

3mmの赤外線LED&センサを使って5mm厚のアクリルに挿入しています。前は8mmとか10mmにぶっ刺してたんでちょっとは薄型化できたと思います。
アクリルは黒にしました。前までは何も考えず透明を使っていましたが、黒というか不透明なアクリルなら外乱光の影響を受けにくいし、隣の段のセンサからの光で誤作動することが少なくできる気がします。

直射日光下で試験してみたところ、実用上の問題はなさそうな感じでした。バレルの中に照らしてみても問題有りませんでした(バレル-センサ間の距離が長いおかげもありそう)。黒アクリル+センサーぶっ刺しは有効かもしれません。
逆に一番影響を受けたのはセンサーの後ろ側(基板側)から照らしたときでした。ここさえなんとかすれば大丈夫な感じでした。


とりあえず動作確認として通電する段を1段ずつずらしてみました。
ちゃんと段ごとに移動してるね


で、メインの実験
内容としてはまず1段目の手前のセンサが反応したら1段目をONします。
次の段の手前のセンサが反応したら、今の段の電流を切って、次の段をONする、というのを繰り返していきます。
まぁ要するに普通の多段式とほぼ同じです。全体としてみた時、電流が切れる瞬間がないので、連続的に加速して効率いいんじゃね?的な。しらんけど。ホントは色々期待してる。
ちなみにこの動作をするにはセンサ間の長さより長いプロジェクタイルを使わなければいけません。

コイルの電流波形
DS1Z_QuickPrint85

紫が135段目の電流、青が246段目です。
左から順に1段目2段目...となっており、徐々に時間が短くなっていることから加速しているのがわかります。
まぁなんつうか思ってた通りすぎてアレ
このときの効率は10%くらいでした

で、色々試そうとしてたら コイル崩壊した 何もしてないのに...
DSC_3953

この後破壊した段を除いて実験を再開しましたがそれはまた次回
Twitter
大体Twitterいます。
Youtube
Youtubeチャンネルです。実験動画等上げています。よろしければチャンネル登録お願いします。
最新コメント